NSアート工法スタンプデザインコンクリート本漆喰洗い出し仕上げピカピカ土団子 トップページ
会社紹介
 
建材や内装材に含まれる揮発性の化学物質によって、室内の空気が汚染され、深刻な健康障害を引き起こすシックハウス症候群が社会問題となっています。
そのような中、現在見直されているのが左官による自然素材の利用です。特に、珪藻土(けいそうど)を使った壁には、保温・防音・調湿などの特長があり、その高い機能性に注目が集まっています。

藻土は、プランクトン(藻類)の死骸が、海底や湖底に長年にわたって堆積してできた粘土状の泥土です。珪藻土の微細な粒子の中には、無数の細かい穴があいており、空気の層を形成しています。この空気層が、湿気を吸収したり、断熱や遮音、脱臭効果を発揮します。 もちろん、珪藻土の中に人体に有害な物質は含まれておりませんので安全です。
古来より使われてきた自然素材である珪藻土は、その機能と安全性が見直され、現在、建物の内外装として使われています。



空気中の湿度が高い状態では、珪藻土が多量の水分を吸収し、乾燥状態になると逆に水分を空気中に放出します。珪藻土が持つ優れた吸放湿機能は、快い住まい心地を提供します。
珪藻土は非常に高い脱臭効果もあります。煮干しを入れたビンにゴルフボールほどの珪藻土の固まりを入れて密閉し、一時間ほど後に臭いを嗅いでみると、煮干しの臭いがほとんど消えてしまいます。これも珪藻土が古くから内壁材として利用されてきた理由の一つです。

珪藻土がコンロや耐火レンガの原料に使われてきたことが示すとおり、珪藻土は燃えませんし、万一火災になった時でも熱によって有害物質を出すこともありません。また、珪藻土の微細な空気層が断熱効果を発揮し、熱や冷気などの温度変化からガードします。
シックハウス症候群への一番の対策は、室内に有毒な化学物質を含む素材を使わないことです。珪藻土は天然素材ですので、人体に有害な物質は含まれていません。


下地処理・下塗り・上塗り・仕上げ処理と職人の技で工程を重ねていく珪藻土塗りの内装と、ビニールクロス1枚を貼っただけの内装とでは、当たり前ですが質感が全く異なります。
珪藻土塗りの優美で落ち着いた空間には、住む人を飽きさせない味わい深さがあります。それこそが本物だけが持っている質感なのです。

(左)下塗り
(中央)上塗り
(右)筋入れ仕上げ処理
(上)スタッコ仕上げの壁面


 
@天井と壁面へ施工−新築
A吹き抜け2階部分−新築
BC鏝むら仕上げの壁面−新築
DEスタッコ仕上げの居間壁面−リフォーム
Fスタッコ仕上げの壁面にブリックをあしらう−リフォーム